読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こーちゃんブログ-tatta5

きっかけブロガーこうちゃんと申します!『小さなきっかけで人は変われる』がモットーです。

tatta5

スポンサーリンク

アメリカビザ面接で訊かれることや所要時間【質問内容】

書類不備がない場合、

かなりあっさり終わります。

英語も要りません。

 

 

書類の最終確認はこちらで行って下さいな ↓

写真付き!アメリカビザ面接の時の必要・補足書類と注意点【J-1,F-1】

 

そもそも面接申し込みに辿りついていない人はこちら ↓

アメリカ留学のためのビザの申請・取得方法【J-1,F-1】【必要書類】 

 

持っていったもの

ビザ関連の書類を入れたクリアファイル

・中が寒いと聞いていたのでストール

・いつも持ち歩く水筒

・待ち時間に読む

 

 これを読んでました。

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

  • 作者: ロバートキヨサキ,シャロン・レクター(公認会計士),白根美保子
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2000/11/09
  • メディア: 単行本
  • 購入: 71人 クリック: 1,223回
  • この商品を含むブログ (534件) を見る
 

 

ちなみに、ビザの書類はバッグに入りきらなかったので

家から手持ちで行きました(笑)

安全な日本でよかった。

 

待ち時間が超絶ヒマなので本は必須です。

 

当日の様子

 

最寄り駅の1つ、国会議事堂前駅の3番出口から大使館へ向かいました。

徒歩10分と書いてありましたが

迷うことや途中コンビニ朝ごはんを買うことを考慮して

面接時間の30分前、8時ちょうどに駅に着いていました。


コンビニでおにぎりを買って8:20大使館に到着

水曜日の朝で並んでいたのは30人くらいかと思います。

f:id:kochan214:20150729094647j:plain  f:id:kochan214:20150729232241j:plain


ここで15分ほど並びながらコンビニのおにぎりを食べました。

ちなみに面接時間はけっこう適当なので、

早く来ても遅れて来ても平気そうです。

どうせ並ぶことになって時間は読めないので。


並び終わるとまずケータイの電源を切って預けます。

ここで預けられる電子機器はケータイ一個のみ

ケータイ二個とか他のタブレットとか持っている人は

駅のコインロッカーに置いてこいと逆戻りさせられていました。


また飲食物も持ち込み禁止です。

おにぎりは食べ終わっていて良かったのですが、

水筒に水が残っていたためにその場で飲み干しました(笑)


空港のような手荷物検査を受けケータイと水筒を預けます。


次に面接書のバーコードを読み取ってもらい、番号札を受け取りました。


クリアファイルの一番後ろにバーコードを読み取れるように面接書を入れておきましょう。

f:id:kochan214:20150728220844j:plain

大きなバッグを紙袋に無理やり詰めて小さくしていた女性が

「そのバッグ袋から出して見せてねー」とされていました。

規定通りの30cm×30cm以下のバッグで行くべきです。

 

セキュリティチェックを終え、

かなり重い扉を開いて中へ。


ここで書類は全て提出しました。

ひたすらに待つ時間が始まります。


座っている人が100人くらい居ました。

40分ほど待ったのちに番号が呼ばれ指紋を取られます。

相手は外国人さんでしたが完全に日本語でした。

その後はすぐ面接の列に並びました。

 

15分後、面接スタート

相手は外国人さん。

超てきとうです。

しかも日本語でやろうとしてきます。

せっかくだから英語で話しかけました(笑)


だいたい向こうがペラペラと書類を確認して、

ちょっとだけ質問して終わりという感じです。

質問内容

「どこ行くの?」

「今の専攻はなに?」

「向こうでなにしたいの?」

「なぜこの学校を選んだの?」

「ウィスコンシン寒いよねー。」

「今何年生?」

「お金はどう払うの?」

----------------------------------------

くらい。

最後に

「あとは家に帰ってマツダケー(日本語)」

とちょっとカタコトで言われて終わりました。

1週間ほど経つとビザが貼られたパスポートが届くそうです。

 

 

書類準備の大変さから考えて

もっと真面目な面接なのかと思ったらゆるゆるーーーっと終わってしまいましたね。


終わって出てきて9:52。


大使館前に到着して、並ぶ時間まで含めて

所要時間は約1.5時間ほどでした。