読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こーちゃんブログ-tatta5

きっかけブロガーこうちゃんと申します!『小さなきっかけで人は変われる』がモットーです。

tatta5

スポンサーリンク

私がお金を借りたときに気をつけていること。

 

まず大前提として、

なるべくお金の貸し借りはしないようにしています。

 

しかしながら、

会費や飲み代、プレゼント代など

自分の知らないところで

支払いが発生している場合があります。

 

これも『お金を借りている状態』と考えて

対処するようにしています。

 

もちろんその場で払えれば一番です。

しかし、手持ちが足りなければ

どうしても後日になってしまうでしょう。

 

そんな時にどうしているか、

話していきます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
 

2回目に請求される前に返す。

これ、当たり前だと思っていても
出来てない人がかなり居ます。
 
『人にお金を請求する』という行為は
面倒ですし、心的負担になるものです。
 
 
「ねぇ、前言った〜〜のお金って今払える?」
 
2回目にこれを言っている時点で貸してる側は
・もう一度思い出す
・本人に請求しにいく
ということをしています。
 
 
ようするに、
言う前に自分から払いに来いよ。
ということです。
 
 
私はこう言われたくないので
こんな方法で
覚えていなくても忘れないように
しています。

 


スポンサーリンク
 

こんな方法

iPhoneのリマインダーを活用します。
 
支払いをしなきゃいけないと聞いて、
その場で払えない瞬間に
iPhoneのリマインダーを2つセットします。
 
1、「財布にお金を入れる」というリマインダー
2、「お金を払う」というリマインダー
 
 1,財布にお金を入れるリマインダー

 

・仕事が一段落したお昼のタイミング

・帰宅時に家に置いてある現金から財布に移すタイミング

などなど。

お金を入れられそうなタイミングに

リマインドしてくれるように設定しましょう。

 

例えばこんな感じ。

私は16時頃に休憩を入れるので、

そこでATMに行ってお金を入れることを想定しています。

f:id:kochan214:20141123004748j:plain

 

 2, お金を払うリマインダー

 

次の日。

朝イチだとなにかと忙しいことがあるので

朝のチェックが一段落ついたときを想定しました。

f:id:kochan214:20141123004950j:plain

 

最後に

なにかを建て替えてもらったとき、

その費用は2度目の請求が来る前に

きっちり端数も揃えて返すようにしましょう。

 

時間をおいてしまうと

『払う気あるのかな・・・?』

というふうに思われてしまうかもしれませんよ。