読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こーちゃんブログ-tatta5

きっかけブロガーこうちゃんと申します!『小さなきっかけで人は変われる』がモットーです。

tatta5

スポンサーリンク

フツメンが"超"戦略的にイケメンに勝つ方法【イケメンになりたい】

f:id:kochan214:20141111113509j:plain

まえがき

身長164cm、顔そこそこの私でも、

今ではかなりモテるようになりました。

 

もともとモテる方では無かったので、

かなり戦略的に考えて

モテるようになってきた自負があります。

 

「イケメンよりもモテたい!!」

そんな男たちのために、

 

『男女の恋愛観の違い』

『イケメンがモテる理由』に軽く触れ、

 

『自らの希少価値の高める方法』

『モテるために身に付けるべきこと』について話していきます。

  

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

女性は男性ほど外見で判断しない。

 

まず男性がなぜイケメンに勝てないと感じるか。

我々男性が女性の魅力をほぼ外見で判断しているからです。

 

 しかし、女性は男性ほど外見で判断しません。

 

男性は雰囲気で戦えます。

雰囲気イケメン

という言葉がありますが、それで充分なのです。

 

ハーバードの研究でこんな結果があります。

男性→ほぼルックスのみで判断、

一方で

女性→話し方、服装、自信、周囲との関係性などで総合的に判断。 

 

参考文献

美人の正体 外見的魅力をめぐる心理学

美人の正体 外見的魅力をめぐる心理学

 

 

つまり

男性 → 一目見てOK、NG判断

女性 → 一目見てOKならそこから判断スタート

 

これが男性と女性の見る目の差となります。 

 

では、なぜイケメンはモテるのか?

これを次に書いていきます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

イケメンは【イケメン扱いされる】ことにより自信を持つ

 

見た目が一番影響を及ぼすのが

『幼い頃の恋愛』です。

 

幼い頃というのは男女ともに見た目以外の価値を知りません。

 

いわゆる『スクールカースト』は見た目と直結しています。

 

『スクールカースト』(学校内格差)

イケてるグループ>普通のグループ>イケてないグループ

このような人気に応じた学校内での地位のこと。

 

イケメンはイケメンとしての扱いを受けることにより

無意識の自信を得られるのです。

 

自信を持っている男はモテます。

 

ではどうすれば勝てるのか。

 

技能を身につけ希少価値のある存在になること。

 

 他の人のやらないことをやれ。

ということです。

 

こんなのはどうでしょう。

 

・小さなサプライズをたくさんする

・ヨガを始めてみる

・超絶スキンケアに詳しくなる

・超絶ヘアケアに詳しくなる

・そこそこマジックを出来るようになる

・そこそこジャズピアノを弾けるようになる

 

これらは時間かお金をかければ出来ますよね。

 

大切なのは

これらの中から複数やる

ということです。

 

【そこそこギターを弾ける】Aさんが10人に1人

ヨガに詳しい】Bさんが20人に1人としましょう。

 

 

【ギターをそこそこ弾けて】【ヨガに詳しい】Cさんは

10人に1人 × 20人に1人 = 200人に1人

となります!

 

f:id:kochan214:20141111122225j:plain

これを覚えておきましょう。

 

  

さて、

100万人に1人の誰が見てもイケメンと言える男、

そんな男に勝つための話をしましょう。

 

 

そんな相手と戦うには『普通』のままではいけません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

なにを身に付けるべきか。 

 

1『女性が友だちに話したくなること』

2『切り札』

この2つです。

 

1『女性が友だちに話したくなること』

 ↓ 私の出来る事

・初対面でマジック(1/100)

・カラオケで歌(1/10)

・デートで面白いところにつれていく(1/10)

 

「昨日さ!めちゃすごいトランプマジックみせてもらったんだよ!」

「この前一緒にカラオケ行った人、めちゃ歌うまくてさー。」

「あの人毎回オシャレで面白いとこ連れてってくれるんだよねー。」

 

マジックが出来て、歌が上手くて、

デートで面白いところに連れて行ってくれる。

これで100×10×10 = 1万人 の中の1人です。

 

f:id:kochan214:20141111121510j:plain

これも覚えておくべきことです。

 

 

2『切り札』

 

 誕生日にジャズバーへ連れて行って、
 ハッピーバースデーの曲を
 ジャズアレンジして聴かせる。(1/1000)

 

これが私の切り札です。 

 

全て発揮できれば私は1000万人分の1の人となります。

 

『普通』で居ることをやめませんか?

 

大抵の人は『普通』です。

『普通じゃない自分』を望んでいても

今いる場所から一歩踏み出すことが出来ません。

 

『普通でないこと』は怖いかもしれません。

日本という国では特に。

 

でも、

一歩踏み出してみると

そこには『普通でない人々』が

互いに肯定しあって生きている世界があります。

 

やらない理由を探す前に、

まずはやってみましょう。

 

『失敗したら笑い話になるけれど、

   なにもしなかったら後悔にしかならない。』

 

tatta5 〜たった5分の人生革命〜 管理人 こうちゃん(@ko_chan214)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事もどうですか?