読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こーちゃんブログ-tatta5

きっかけブロガーこうちゃんと申します!『小さなきっかけで人は変われる』がモットーです。

tatta5

スポンサーリンク

【アクセスアップ】今いるページをはてなブックマークするボタンを設置する【無駄に丁寧に解説するシリーズ】

・「はてなブックマークボタンってどう設置するの?」という方

・「今いるページがブックマークされない・・・」という方

の役に立つ記事です。

 

ブログを始めたばかりの頃にはてなブックマークボタンを設置したところ、

ブログのトップページをブックマークするボタンになってしまったのです。

 

 

これを解決した方法を書きます。

結論

このページ(はてなブックマークボタンの作成・設置について)に飛んだ後に

『ページのアドレス、タイトルを入力しないで』

ブックマークボタンを作製してください。

アドレスとタイトルは自動取得されます。 

 

f:id:kochan214:20141006143955p:plain

 

これだけで分かる人はこの先は読まなくてもいいです。 

 

ブックマークしておいて、後でパソコンからどうぞ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

ボタンの作製からはてなブログへの設置方法まで

ボタンの作製

ボタンの作製 1/5

・下のページへ飛ぶ

はてなブックマークボタンの作成・設置について - はてなブックマーク

 

ボタンの作製 2/5

・ボタンのタイプを選ぶ(プレビューが変わる)

f:id:kochan214:20141006130214p:plain

 

 

ボタンの作製 3/5

ページのアドレスとタイトルになにも書かない!

f:id:kochan214:20141006143955p:plain

ボタンの作製 4/5

・ブックマーク数の表示を選ぶ

f:id:kochan214:20141006130809p:plain

        非表示                                      表示                            表示(バーティカル:垂直) 

f:id:kochan214:20141006131123j:plain                f:id:kochan214:20141006131132j:plain                   f:id:kochan214:20141006131141j:plain

 

ブックマークが「0」とか「1」と表示されていると微妙な空気が出るので

非表示にしておくのが無難かと思います。

 

ボタンの作製 5/5

・表示されているボタンの形を確認して下の文字列を全部コピー

f:id:kochan214:20141006131846p:plain

 

ブログへの設置

全ての記事の下にボタンを設置する

 

ブックマークボタン設置 1/9

・googleで「はてなブログ」と検索

f:id:kochan214:20141006135626p:plain

 

ブックマークボタン設置 2/9

・はてなブログ公式サイトで右上にある下向き白矢印を押して「デザイン」を選ぶ

f:id:kochan214:20141006140847p:plain

 

f:id:kochan214:20141006140700p:plain

 

ブックマークボタン設置 3/9

カスタマイズを押す

f:id:kochan214:20141006141054p:plain

 

ブックマークボタン設置 4/9

記事を押す

f:id:kochan214:20141006142007p:plain

 

ブックマークボタン設置 5/9

・記事プレビューを押して下にスクロール

f:id:kochan214:20141006142017p:plain

 

ブックマークボタン設置 6/9

・記事下の枠内を押す

f:id:kochan214:20141006142025p:plain

 

ブックマークボタン設置 7/9

・コピーしたコードを貼り付け

f:id:kochan214:20141006142036p:plain

 

ブックマークボタン設置 8/9

 

・プレビューを下にスクロールして設置を確認!

f:id:kochan214:20141006142946p:plain

 

f:id:kochan214:20141006142958p:plain

 

ブックマークボタン設置 9/9

・「変更を保存する」を押して保存

f:id:kochan214:20141006142048p:plain

 

まとめ

今、自分の考えを簡単にネット配信し、

世界中の人に見てもらう環境が整っています。

 

そんな中で

「自分にとっての当たり前」

「自分にとっての普通」

「自分にとって難しくないこと」

を記事にするだけで

意外なほど反響があったりします。

 

なにが他の人にとって珍しいかは

「他の人に見ていただかないと分からない」のです。

 

日本語では「変わっている」「変な」という意味で使われている

『ユニーク』という言葉の本来の意味は

『唯一無二の』です。

 

自分の個性がどこにあるのか分からないこの時代、

自分のユニークさを発見するために、

ブログというツールは非常に優れていると感じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

次回記事はこちら!

「Macのネットブラウジングを5分で100倍快適にする方法【無料Macアプリ】」

気になる方はフォローや登録を!

follow us in feedly

こちらもどうですか?