こーちゃんブログ-tatta5

きっかけブロガーこうちゃんと申します!『小さなきっかけで人は変われる』がモットーです。

tatta5

スポンサーリンク

読むだけで自信は持てないが、行動すれば自信は作れる。

 

PAK93_taikusuwariatama20140322600-thumb-900x600-4367


自信を持つ、自信が欲しい、自分に自信が無い。
そんな風に検索をかけると無数のページが出てくる。

「自信は思い込みだ。」
「自分を信じろ。」
「失敗を許す。」
「自分を好きになる。」

そんなことを言われて出来るようになるとはとても思えない。

これらのことをやろうとしても結局出来ずに
「自分はダメだからだ・・・。」
となるのがオチだ。
少なくとも自分はそうなった。

自分は今も自信満々な人間というわけではないが、
それなりの自信を持っている。

そうなるまでには1つのきっかけがあった。
それは
「毎日腹筋をした。」
これだけである。

ここでポイントなのが「毎日」というところだ。
なんとなくだるくても、めんどうくさくても、
極端なことを言うとインフルエンザの時でも、
たとえ数回でもいいから毎日欠かさず腹筋をした。


腹筋が鍛えられるということによる身体の変化をきっかけに、
「毎日『何か』を続けられている。」ということがプラスされ、
少しづつ自信になっていった。



別に腹筋である必要はないと思う。

ただし外に行かなければ出来ないランニングなどは挫折しやすいと感じる。

・家の中で
・5分で出来て
・少しでも自分のためになること

を考えてみよう。

男なら毎日腹筋でも、パンチでも、腕立てでも、身体を鍛える系がいいと思う。

女の子なら
毎日ぜったい化粧をきちんとするだとか、
化粧をきちんと落とすだとか(化粧をきちんと落とすというのは美容液に凝ったりするよりもよっぽどお肌に大切らしい。)、
毎日丁寧に時間をかけて髪を洗うだとか、
毎日小顔マッサージをしてみるとか、
見た目が変わるものがいいと思う。
女の子の扱いは見た目で180度変わるので、
見た目を変えるのが一番早く自分に自信を持つ方法だと感じる。


ポストイットででも机だとかトイレだとか
見えるところに複数貼っておいて
気づいたときは
言い訳をする間もなくその行動をしてみるといい。

毎日『自分のためになるなにか』を続けている。
そんな人間はほとんどいない。
0.01%もいないのではないだろうか。

続けられたとすれば、
それだけで、あなたは素晴らしい人間なのだ。