こーちゃんブログ-tatta5

きっかけブロガーこうちゃんと申します!『小さなきっかけで人は変われる』がモットーです。

tatta5

スポンサーリンク

Blue buds x。コンプライは高いので1セット200円の代替品を使おう

BluetoothイヤホンBlue buds xにはコンプライのイヤーチップが良い。

一部では常識となっていることです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

しかし、コンプライのイヤーチップはとにかく高い。

3セットで3240円、しかも数ヶ月で劣化してダメになってしまう。

コンプライ Tx-500 BLK Mサイズ3ペア HC19-50101-01

コンプライ Tx-500 BLK Mサイズ3ペア HC19-50101-01

 

 

この値段はキツい!

ということで代替品を探していたところ見つけました!

多摩電子工業 ウレタンイヤーパッド!

f:id:kochan214:20160220231835j:plain

 

コンプライのように耳の中で膨らんでフィットしてくれます。

なおかつ安い!!!

2セットで400円!

コンプライの1/5の値段です!

多摩電子工業 ウレタンイヤーパッドL S0001L

多摩電子工業 ウレタンイヤーパッドL S0001L

 

 

イヤーチップ2つが入っています。

f:id:kochan214:20160220233000j:plain

 

取り付けようとしている図。

穴が小さくて不安になるが・・・・

f:id:kochan214:20160220233108j:plain

 

 

付いた!!(あえて潰してみました)

f:id:kochan214:20160220233938j:plain

 

そして音質。

素晴らしい!!

 

フィット感、完璧!

安定性が超向上し、羽パーツが要らなくなりました!

f:id:kochan214:20160220234247j:plain

 

注意点としては、

多摩電子工業のイヤーチップはLサイズがBlue buds xには丁度いいということです。

 

また、このイヤーチップは小さめに作られていて、

Lサイズで他社のMサイズかそれより少し大きいくらいに感じます。

 

コンプライに手を出してフィット感が気に入ったけれど、

ランニングコストが高すぎてやめた人、

こちらのイヤーチップ良いですよ!

多摩電子工業 ウレタンイヤーパッドL S0001L

多摩電子工業 ウレタンイヤーパッドL S0001L

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

カンボジア人にロールスロイスを売る方法【サムライカレー】

カンボジア人は結構慎重で臆病です。

 

なので最初の1人というのが特に難しい。

 

こんな話があります。

---------------------------

http://www.flickr.com/photos/32132568@N06/4483015888

photo by Billy Wilson Photography

カンボジアにロールスロイスの販売員がいた。

カンボジア人に対してロールスロイスを売ろうとしたが最初の1台が全く出ない。

 

そこで地域のインフルエンサー、影響力の強い人を狙い撃ちにする作戦に出ました。

 

インフルエンサーに対して、まずロールスロイスを半額で売ります。

その時の条件が

『子供の送り迎えを必ずこの車ですること』です。

 

つまり、その人がロールスロイスに乗っているということを

学校の周りにいる親に対してアピールさせたのです。

 

こうして、ロールスロイスはその地域でバカ売れしましたとさ。

---------------------------

 

この話ではないですが、

カンボジアで何かを売るときに大切なこと。

 

それは

『そのお店の周りに人だかりが出来ていること』です。

 

人が人を呼ぶ。

これが特に強く働くのがカンボジアという国です。

 

なので最初の数人を何としてでも集めましょう。

極端な割引をする、

直接声をかけて連れてくる、

サクラを仕込む。

 

とにかく

『誰かが買ってる感』を出しましょう。

 

急にたくさん売れますよ笑

 

 

実際にカンボジアでカレーを売ってみたい人、こちらへどうぞ〜。

サムライカレープロジェクト カンボジア インターン型起業体験

※参加する際に紹介者欄に「こうちゃん」と入力すると5000円引きになります!

 

才能は本質的には体格や腕力みたいなものと一緒。

なになにの才能、というのは目に見えなくて分かりにくいから困る。

 

例えば体格や腕力はよく目に見える。

 

身長が165cmの人はどう頑張っても180cmになれないように、

筋力の付きにくい人はムキムキマッチョになれないように、

何かに対して才能のない人はそれを無理にやろうとしない方がいい。

 

アイデアを出すのが得意な人はそれだけをやればいいし、

まとめるのが得意な人はそれだけをやればいい。

 

苦手なこともやらなければいけない世の中は終わったのではないか。

もちろん努力は必要だけれど、

身長165cmの人が2mになろうとするような、

そんな不毛な努力はしない方が良い。

 

無理なものは無理なんだから。

自分の向いているものを探して、

それに向かって力を集中させた方が良い。

f:id:kochan214:20160216022612p:plain

 

自分はコツコツとした力の集中というのがすごく苦手なんだけれど。

まぁ、とりあえず俺に絵の才能はなさそうだ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加